生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド

レイキ講習の4つの段階

レイキを用いて他の人や自分自信を癒すことができるようになりたいならば、講習のアチューメントを受講することになります。

 

指導者であるマスターが回路開きをしてエネルギーを流してくれることによって、レイキ(宇宙エネルギー)を自分で受取って手から(または眼から)相手に送ることができるようになるわけです。

 

この「講習」は4ステージありますが、それぞれの段階でどういうことをするのかについて手短に説明します。

 

・「初伝〜ファーストディグリー〜」:マスターから力の伝授をしてもらいます。

 

すなわち宇宙エネルギーを通過される回路開きをします。

 

こうすることで、レイキによるヒーリングが可能になりますが、レイキの基本的な事や呼吸法、手をどういう風にかざしたり当てたりするかを学ぶのもこの講座です。

 

この療法の歴史的なものも学び、レイキのあらましについて把握していくことができます。

 

・「奥伝(前期)〜セカンドディグリー〜」:マントラ(言霊)とシンボルでいっそうエネルギーを協力にします。

 

遠隔ヒーリング、時間と空間を越えてヒーリングをすることができるようになります。

 

・「奥伝(後期)〜サードディグリー〜」:前講習で教えられなかった分のシンボルを伝えます。

 

この第4シンボルの使い方や瞑想法なども勉強します。

 

・「神秘伝〜マスターディグリー〜」:さらに踏みこんでいく段階でもありますが、レイキを人に伝授するためのアチューメントの方法やその他のことを学びます。

 

これからは指導者になり、仕事として携わっていく人のための講座とも言えます。

レイキ講習の4つの段階関連エントリー


レイキに関する貴方の疑問にお答えします。

Copyright (C) 2010 生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

レイキ講習の4つの段階