生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド

レイキの好転反応とは

好転反応とはもともとは按摩(あんま)や鍼(はり)などで使われる言葉です。

 

按摩受けた後の揉み返しなども好転反応であることが多々あるようです。

 

レイキヒーリングを受けるとその後に悪い反応が現れて怖くなってしまうことがあります。

 

そんなような時はヒーラーに連絡して症状を伝えると安心できるでしょう。

 

「安心できる」ということは、エネルギーを受け取った身体が良くなろうとするときに起こる一過性の働きで「好転反応」と言われるものだからです。

 

ヒーリングの後に好転反応が現れる人と出現れない人がいますが、出るか出ないかでヒーリングの効果に差はありません。

 

一時的にその人の不調なところに症状が強く現れることもあります。

 

例えば高血圧の人がヒーリングをした後に血圧が上昇した、という具合です。

 

レイキの好転反応には以下のような場合が多いみたいです。

 

・半日ほど続く下痢
・だるい、眠い、疲労感

・イライラしてしまう
・頭痛

・微熱が出る
・それまで我慢していた執着心とか嫌なことが思い出される

・風邪のような症状が出る

 

レイキの好転反応だとすれば半日ほどから長くても3日くらいで治まります。

 

ですが、例えば下痢の症状が何日も続くなど、一時的なものではないと感じたら好転反応とは違うと考えて医療機関への受診も考えましょう。

 

迷ったら上で述べたように、レイキヒーリングを行ってくれたヒーラーに尋ねてみることをおすすめします。

 

レイキの好転反応だと分かったら、水をいつもよりも多めに摂り、ゆっくりと休みましょう。

レイキの好転反応とは関連エントリー


レイキに関する貴方の疑問にお答えします。

Copyright (C) 2010 生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

レイキの好転反応とは