生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド

レイキの特徴について

レイキは、臼井甕男師が1922年に鞍馬山で断食修行を行なったおり、発見したと言われる代替療法です。

 

戦争の混迷や戦後の科学第一主義などにって日本におけるレイキはすっかり消えて行ったかに思えましたが、臼井氏から指導してもらったお弟子さん達が欧米に伝えて普及し、それが1980年ぐらいに日本に入ってきたのです。

 

俗に言う逆輸入というものです。

 

そして現在ではかなり理解されるようになり、日本のいろんなところで講習も開催されてレイキを行える人が増えてきています。

 

とは言っても、依然としてレイキに関する疑問や誤解も多々あるようなので、ここではその代表的なものについて箇条書きにまとめてみました。

 

・エネルギーの伝授が完了して回路が開いた瞬間からヒーリングができます。

 

・この能力は半永久的に持続します。

 

ヒーリング能力の基本は続きますが、もっとレベルアップするには練習が必要です。

 

初伝(ファーストディグリー)の回路が開いた段階のレベルでは、レイキを通すパイプ役という基本の状態だということです。

 

・宗教などの一種ではありません。

 

また、パイプ役の人物や癒す相手に宇宙エネルギーを信じる心がなかったとしても効果に影響はありません。

 

植物やペットにも効果を期待できます。

 

・講習の第二ステップ(奥伝 セカンドディグリー)になると伝授されるマントラやシンボルを使用して、遠く離れた人へのヒーリングができます。

 

・ヒーリングを行ったら行った分だけ能力はもっと高まり、しっかりとした自己実現ができ、エネルギーで貴方自身を浄化できます。

 

・レイキはエネルギーが人物の身体の中を通って手から相手に流れていくだけなので、念じたり意識を集中させたりする必要もありません。

レイキの特徴について関連エントリー


レイキに関する貴方の疑問にお答えします。

Copyright (C) 2010 生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

レイキの特徴について