生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド

レイキとは?

レイキの歴史
レイキは日本人の臼井甕男(ウスイミカオ)氏が生み出した療法で、世界中に伝わっていく時に「Reiki」と書かれるようになりました。漢字で書くと「霊気」と表します。臼井氏はこの療法を1922年に断食修行をしたのをきっかけにしてあみ出したとされています。氏の弟子の一人で海軍で軍医をしていた林忠次郎氏という人がいますが、この人は臼井氏により教わったレイキを広めるために日本中を回って伝えた人です。ですがこの療法をアメリカに普及していったのは、ハワイに住んでいた日系人・高田はわよさんという女性です。はわよさ...
レイキの特徴について
レイキは、臼井甕男師が1922年に鞍馬山で断食修行を行なったおり、発見したと言われる代替療法です。戦争の混迷や戦後の科学第一主義などにって日本におけるレイキはすっかり消えて行ったかに思えましたが、臼井氏から指導してもらったお弟子さん達が欧米に伝えて普及し、それが1980年ぐらいに日本に入ってきたのです。俗に言う逆輸入というものです。そして現在ではかなり理解されるようになり、日本のいろんなところで講習も開催されてレイキを行える人が増えてきています。とは言っても、依然としてレイキに関する疑問や誤解も...
レイキで得られる効果
レイキの講習を受講するいうと、なんだか修行を想像する方もいらっしゃるようですが、訓練や修行を積むのではなく、人が生まれつきもっている隠れた能力を目覚めさせるというか、回路を開くといったことをイメージをすればよいでしょう。一度レイキを通す回路が開いたら、その後はそこから入ってくるエネルギーを手の平から出してヒーリングに行うということをできるだけ実践して、一段とその回路の流れをスムーズにしていきます。第三者が見ると、他の人をヒーリングしている様に見えますが、実際はエネルギーを取り込んで手からそれを流...
レイキの好転反応とは
好転反応とはもともとは按摩(あんま)や鍼(はり)などで使われる言葉です。按摩受けた後の揉み返しなども好転反応であることが多々あるようです。レイキヒーリングを受けるとその後に悪い反応が現れて怖くなってしまうことがあります。そんなような時はヒーラーに連絡して症状を伝えると安心できるでしょう。「安心できる」ということは、エネルギーを受け取った身体が良くなろうとするときに起こる一過性の働きで「好転反応」と言われるものだからです。ヒーリングの後に好転反応が現れる人と出現れない人がいますが、出るか出ないかで...
レイキと気功の違い
「手から気を放って人にエネルギーを送り、何かしらの影響を与える」というところが同じに見えるからでしょうか、レイキと気功はどんなところが違うのか分からないという人が多いようです。違っている点は、レイキには気功にあるような修行とか訓練、鍛錬といったものが必要ありません。気功は、気功師自身のパワーを用いてしますが、レイキは宇宙エネルギーを自分が媒介役となって手の平から相手に伝えるのです。気功師として必要な訓練や修行があって、それを習得するためには時間がかかります。ですがレイキの場合は、それを流すパイプ...
レイキとミックスしたセラピー
アロマテラピーのサロンのメニューに「レイキ」の文字を見かけることがよくあります。アロマテラピーに限らず、指圧や整体、リフレクソロジーなどとの組み合わせも目にします。この療法が他のセラピーに取り入れやすいのは、エネルギーを伝えるための道具を使わず「手」のみで行えること、集中力がいったり念を送ったりする必要はなく自然な気持ちのまますることができることなどが、他のセラピーと一緒に行える理由なのでしょう。特にレイキとアロマテラピーの相性は良いみたいですので、アロマテラピーを例にしてレイキとその他のセラピ...

レイキに関する貴方の疑問にお答えします。

Copyright (C) 2010 生活に活かしたいレイキの癒し効果ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

レイキとは?